S.I.C. SUPERIOR IMAGINATIVE COLOSSEUM

最もイマジネーションを感じるS.I.C.に投票せよ

最もイマジネーションを感じるS.I.C.に投票せよ

投票期間

投票期間

ユーザーの皆様の多数投票により、全作品商品化決定を同時発表!

SUPERIOR IMAGINATIVE COLOSSEUMにエントリーした4作品は、すべて2019年に商品化、発売いたします。

第一弾は1位になった「S.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ」と、「S.I.C. 仮面ライダーゴースト オレ魂」を、2019年9月に発売予定。続く「S.I.C. 仮面ライダー龍騎」と「S.I.C. 仮面ライダークウガ」は2019年12月発売予定です。 第一弾商品の詳細は近日公開予定!楽しみにお待ちください。
投票にご参加いただいた皆様ありがとうございました!

挑戦者求む!

SUPERIOR IMAGINATIVE COLOSSEUMは終わらない!

SUPERIOR IMAGINATIVE COLOSSEUMは終わらない!

次回以降のコロセウム挑戦者のエントリー希望を受付予定です。
詳細は本ページで後日公開予定。

  • ※実施内容は変更・中止となる場合がございます。
  • ※応募方法は後日公開予定です。
  • ※第2回の参加をお約束するものではございません。ご了承ください。

<<審査員のコメント>>

早瀬マサト

S.I.C.は1998年から始まったシリーズで、キカイダーとビジンダ―の原型は石ノ森章太郎先生も監修をしていました。あれから20年以上も続く展開になろうとは、当時誰も考えていませんでした。
そして今回、新たな造形“士”を得て、更なる進化を遂げるというのは、感慨無量です。きっと石ノ森先生も喜んでいると思います。
正直、今回の企画を聞いた時に、竹谷さん、安藤さん以外の方が造形することに不安を感じていました。S.I.C.が20年愛されてきたのは、このお二方の力によるものだからです。しかし今回出来上がってきた作品を拝見すると、どれもが甲乙つけがたく素晴らしいものでした。作品としては甲乙つけられないので、作品としてではなく「玩具」として判断し直しました。手でいじって遊びたいと思ったのは浅井さんの龍騎でしたので、浅井真紀さんの「仮面ライダー龍騎」に投票します。

各作品へのコメント

仮面ライダークウガは今までに竹谷隆之さん、安藤賢司さんがそれぞれ造られています。
今回は3度目となりますから、先達の作品と異なるアプローチをすることは、大変だったろうと思います。
その制約の中で新たなクウガが生まれたのは素晴らしいと思います。

仮面ライダーゴーストは意外とすっきりした意匠なので、S.I.C.化するのは大変だったろうと推測します。
しかしそこは創生期から携わっておられる安藤さん、手堅い作品として仕上がっています。
手に取らないとわからないような細かなこだわりも仕込まれていて、熟練の技を感じます。

仮面ライダーフォーゼは今まで何度か制作の候補に挙がってきましたが、S.I.C.という商品イメージとの相性の問題で、先送りされてきました。
フォーゼのメカニック然とした意匠がS.I.C.の世界感に合わないと思われていたからです。
しかし今回の作品を見て、それらは杞憂に過ぎなかったことを思い知りました。

仮面ライダー龍騎については、S.I.C.は元のデザインからどこまでアレンジを加えるかというのが、造るうえでのキモとなります。
変えすぎると元のキャラクターイメージを損なってしまうし、変え無さすぎてもハイターゲット商品としての魅力を失くしてしまう。
その点、浅井さんの龍騎はいいバランスで攻めてきたように思いました。

竹谷隆之

参加されるみなさんが面白がって楽しんで造形していただけると有り難いですがどうでしょう!
僕は審査員というお役をいただき恐縮しておりますが、みなさんの独自アレンジの作品を拝見して勉強するつもりで臨みます!
こんなにプロばっかりの中から選ぶのってムリです! 大山さんはアレンジが独自感ハンパないし、安藤さんのは美しいけど選んだら友人だからでしょって言われそうだし、坂本さんのスカイゼル見たいし、浅井さんのは誰がどう見たって王道! ……あーでも選ばないともう仕事くれないってBANDAI SPIRITSの人が言うから(※)断腸の思いで! 客観的判断だとみんな良すぎるので、ここはあえて個人的価値観「作ってて楽しそう」で行きます!
S.I.C.のワクを意識しすぎないで、いやもしかしたら充分意識しててもハミ出しちゃうほどのその人らしさがフォルムやモールドに現れている大山竜さんに投票します! 楽しそうです!

※注:BANDAI SPIRITSは竹谷さんにそんな失礼な事は言えません!(笑)末永くよろしくお願いします。

各作品へのコメント

仮面ライダークウガは大山さんらしい生体的アレンジで超絶ディテール!だけじゃなくプロポーションのとりかたも独特で素敵です!
アルティメットフォームも見たくなりますね!

仮面ライダーゴーストは、安藤さんの真骨頂である透明パーツを効果的に使った魅力が溢れていて美しい!
表情もオトナ的アレンジ!に対してユルセンがカワイくって安藤さんの愛を感じます!

仮面ライダーフォーゼは宇宙メカ的魅力をより進化させたアレンジで素晴らしい完成度!
精緻なディテールとパワフルなフォルムに加えてキャラクターを理解しきったポージング!
もぅー、キョーダインが見たくなってしまうじゃないですか!

仮面ライダー龍騎は、いやーもう、フツーに立っててカッコ良いというのは、ものすげーウマいってことです!
フォルムのとり方が王道!直線と曲線の扱い方も巧みすぎ!個人的には肩のウイング的アーマーが大好物ですー。勉強になります!

高瀬ゆうじ

今回の企画自体は大変面白く20周年のお祭り企画としては良いと思いました。4組の造形作家の方々に同時に発注、同時にアップというBANDAI SPIRITSの企画担当者にとって通常商品企画×4の熱量でかなり無茶でしたが、無事に作品を発表できて良かったですね。撮影は短い期間と打ち合わせできる時間の無さ、度重なるスケジュール変更で大変でした。
みなさんの作品を撮影しまして、私は仮面ライダーフォーゼに投票します。商品化、シリーズ化して各モジュールが発売されたら良いなと思って。

各作品へのコメント

仮面ライダークウガは大山さんらしい昆虫的表現がかっこよく非常に好きな作品です。
アレンジ箇所が細部に集中していてアップの写真が映える造形でした。

仮面ライダーゴーストは、流石の安藤さん、どうアレンジしてもS.I.C.になりますね。
今回は見えない箇所にもカッコイイ造形アレンジが入っていて商品化するならちゃんと再現して欲しいと思いました。

仮面ライダーフォーゼは宇宙服がコンセプトなのでスーツとメカが強調されていてカッコイイです。
コンセプト的にモビルスーツっぽい写真になりそうだったのですが、ヤンキースタイルが随所に込められていて弦太朗っぽく撮れました。

仮面ライダー龍騎は、浅井さんはパーツをユニットでまとめるのが上手くて、玩具的ギミックを生かしてクールなバディ感を龍騎とドラグレッダーに落とし込んでいて好きです。
ただ、撮影はドラグレッダーが長くて大変でした。

泉 勝洋

企画サイド的なコメントとなってしまいますが、常に新しい価値を世に出し続けるという観点でいえば大変意義のある取り組みだったと思います。しかしながら、単純にデザインの“アレンジ”だけを求めると本来のキャラクターの持つ重厚感、深味が薄れてしまう恐れがありましたが、今回それぞれ独自の個性を持ったクリエイターさんにご参加頂けたおかげで、キャラクター性を損なうことなく、今までにない新しい価値を創造出来たと思います。
 どれも選ぶことができないほど価値が高く、ぜひコレクターズ事業部にはすべての造形を商品化して欲しいですね!そんな中で一点だけとなると、私個人的には浅井さんの龍騎でしょうか…!商品化の際にそれぞれのパーツに特殊な素材を使って、ポリッシュ仕上げにして…など、想像が膨らみました(笑)。ドラグレッダーと共に並べることで、フィギュアという価値を超えた特別な商品が産まれそうですね。
コレクターズ事業部に対して一言ですが、今回に限らず、培ってきたS.I.C.の伝統をさらにアップデートすべく様々な価値を付加してこれからも我々を楽しませてほしいと願っております(もちろん私も頑張ります)!

各作品へのコメント

仮面ライダークウガは今まで竹谷氏、安藤氏が作り上げてきたS.I.C.の世界観を損なうことなく、且つ新鮮なディティールで目を見張る造形が産まれたと思います。
長時間眺めていられる繊細で奥深いディティールは特筆すべき部分と思います。

仮面ライダーゴーストは、さすがに安心して眺めていられる安定感ですね!
プレイバリューを意識したつくりもさすがMr.S.I.C.のお仕事です!
飾るだけでなく、手に取って遊んでみたいと思わせる造形はさすがの一言です。
これから生まれてくる新ライダーたちについても、いつまでも安藤アレンジ版が見ることができるようコレクターズ事業部のS.I.C.担当者には頑張ってほしいですね(笑)

仮面ライダーフォーゼは今までのS.I.C.の方向性を覆す斬新な造形ですね!
本来のキャラクターが持つ個性や良さをさらにブーストさせたようなクリーンでメカニカルな造形はこれまでS.I.C.になかったものです。
この造形でG3やドライブ系のライダーを見てみたいですね!

仮面ライダー龍騎は、美しく、綺麗にまとまった造形は所有欲をくすぐりますね!
シルバーのパーツをアルミのポリッシュ仕上げにして、本体の磨きをじっくり丁寧に施したパーツに深みのあるメタリックレッドを噴けば、大変価値の高い逸品が産まれるだろうな…と想像してしまいました(笑)。ぜひ私に商品化させてほしいです!(笑)

SUPERIOR IMAGINATIVE COLOSSEUM 投票方法

SUPERIOR IMAGINATIVE COLOSSEUM 投票方法

①バンダイナムコID(要登録)でログインして投票

SUPERIOR IMAGINATIVE COLOSSEUM特設サイト(当サイト)にて毎日投票いただけます。
各日の初回は「100IG」を投票でき、2回目以降は「10IG」ずつ投票いただけます。
投票いただいたCLUB TAMASHII MEMBERSの会員様には、結果発表日の4月23日に魂マイルを10マイル付与します。

  • ※ 別途CLUB TAMASHII MEMBERSのサービス登録が必要です。
  • ※ SUPERIOR IMAGINATIVE COLOSSEUMとCLUB TAMASHII MEMBERSは、いずれもバンダイナムコIDの会員登録情報を利用するサービスです。
  • ※ 期間中の投票回数に限らず、魂マイルは1回のみの付与となります。
  • ※ すでに退会していたり、入会時に不備があった等の理由で、上記のマイル付与タイミング(4月23日)にお客様の CLUB TAMASHII MEMBERS へのサービス登録が確認できなかった場合、投票歴があっても魂マイル付与の対象外となりますのでご注意ください。
    ( CLUB TAMASHII MEMBERSのサービス登録が完了しているかは、こちらのサイトからログインの上、マイページが表示されることを必ずご確認ください。)

②SNS(twitter、Facebook、instagram)から投票

TAMASHII NATIONSの公式twitter(@t_features)、
公式Facebook(@tamashii.nations.japan)、公式instagram(instamashii)の投票用投稿へのリアクションにより投票いただけます。
twitter:1RT=1IG ※リプライやお気に入りはカウントされませんのでご注意ください
Facebook:1いいね=1IG ※コメントやシェアはカウントされませんのでご注意ください
instagram:1いいね=1IG ※コメントはカウントされませんのでご注意ください

  • ※投票用の投稿は、投票期間開始日に投稿されます。
  • ※SNSからの投票のみの場合は、魂マイルは付与されません。

- 注意事項 -

  • ※①の投票による魂マイルの付与にはCLUB TAMASHII MEMBERSへの会員登録(無料)が必要となります。
    CLUB TAMASHII MEMBERSの登録はコチラ
  • ※本企画は事前の告知なく、変更や中止する場合がございます。
  • ※SNSからの投票のみの場合は、魂マイルは付与されません。